導入から運用までしっかりフォロー

Office Cloud を導入して運用を開始するまでの期間は45日~60日。
お客様と一緒に状況を確認しながら進め、運用までしっかりとフォローします。

導入から運用までの流れ
1
ヒアリング&打ち合わせ

お客様の環境、問題点やご要望などをお聞かせください。
細かい点までじっくりとヒアリングさせていただき、現状分析・課題確認を行います。
それを元に、お客様にとって最適な仕組みをご提案致します。

2
ご提案

打ち合わせの内容を元に、ご提案書を作成・提出致します。
その際に作業スケジュール・納期についてもお伝えいたします。

3
ご契約

ご提案書をご確認いただき、申込書や業務委託契約書などを問交わし、ご契約となります。

4
既存環境調査

お客様が現状利用されているパソコン&ネットワーク環境・セキュリティなど、構築に必要な情報を収集します。

5
設計

何度か打ち合わせを行い、その都度、内容を絞り込んでいきます。
お客様に合わせた最適な仕組みを設計します。

6
機器・ライセンス調達

導入に必要な機器・ライセンスの調達を行います。

7
環境構築

環境を現地・リモートにて構築を行います。
セキュリティ面など安全に運用ができるように設定をしています。

8
テスト稼働

環境構築が完了したら、お客様に確認をお願い致します。
足りないソフトウェアやイメージと違う部分があれば、イメージに合うように調整します。

9
データ移行

お客様の業務に影響がない日程(休日/夜間など)で、移行対象データ(ファイル/メールなど)を、構築が完了したシンクライアントサーバーに移行します。

10
本稼働

データ移行が完了したら運用開始となります。
運用開始時は技術者が立ち会いを行い、不明点等のサポートを行います。
その後のトラブル対応は、24時間365日リモートでサポートをいたします。

シンクライアントの導入にはお客様の協力がかかせません

ヒアリングや現状分析、皆様への通知や周知、導入時のテストなど、シンクライアントは
お客様の協力がかかせません。私たちは業者ではなく、貴社の環境をサポートする
パートナーです。一緒に生産性が高まる環境を創っていきましょう。

Office Cloud 資料ダウンロード

下記フォームからご入力いただくと詳細な資料をダウンロードいただけます

ダウンロードフォームへ