ワークスタイルで比較する営業マンの一日
オフィスクラウドを導入しているA社 通常のパソコンを運用しているB社
AM7:00通勤中の電車の中で
A社営業マンは通勤中も社内サーバにアクセス!仕事モードに切り替えバッチリ 境界線 B社営業マンは通勤中できることも限られる
タブレット端末で、今日のスケジュールを確認して仕事の流れを整理。午前中の会議の内容も社内サーバの資料を閲覧して事前に確認。さらに最新のビジネス情報などもチェック。社内サーバにアクセスしても、タブレット端末にはデータが残らないので安心だ。

会社到着までに仕事モードに切り替わる!

境界線 セキュリティ上、外部からの社内サーバはアクセスできない。スケジュールも手帳に記入している分は確認できるが、ほとんどが社内サーバのスケジュールに・・・。午前中の会議の内容も閲覧できず。とりあえず、スマートフォンでビジネス情報などはみたものの・・・。

事前チェックの不十分のまま結局居眠り・・

AM9:00会社に到着して仕事開始
A社営業マンは仕事モードになっているからすぐに仕事開始! 境界線 B社営業マンはやっと社内サーバにアクセスしてようやく準備・・・
端末の起動もスムーズ!

すでにスケジュールは確認済みなので、さっそく仕事開始。会議用の資料も事前に確認できているので、修正が発生しても慌てず対応できて、準備万端。

出社後、さくさく仕事に取り掛かれる!

端末の起動を待って・・・

まず、スケジュールを確認して、今日1日の作業をチェック。会議の時間が迫る中、会議用の資料をチェック・・・まずい修正しなくては。間に合うか!?

出社後、スムーズに仕事に入れない!

AM10:00経営会議で営業状況を報告
A社の営業マンは準備バッチリで報告もバッチリ! 境界線 B社の営業マンは準備が間に合わず報告もイマイチ・・・
ノートパソコンをネットワークに接続して
プレゼン。

準備万端なので、気持ちにゆとりがあり、上手く説明できた。想定外の質問にも、すぐに社内サーバの資料を閲覧して回答できた。通勤時に最新のビジネス情報などもチェックしていたので、活用できた。

準備万端でプレゼンも成功だ!

境界線 資料を保存したノートパソコンを持ち込み、
プレゼン。

余裕がない中で修正したため、ミスが発覚・・・!想定外の質問に、手元の資料だけでは確認できず、即答はできなかった・・・。最新の株価の話が出たが、確認しておらず、他の社員に先を越されてしまった・・・。

準備不足が露呈してしまい、失敗だ・・・。

PM1:00営業で外回りへ
A社営業マンは荷物もコンパクトでラクラク出発 境界線 B社営業マンは荷物も多く準備に時間がかかってしまった・・・
営業で外回りに出るため、さっそく準備・・・

プレゼン資料も外出先からアクセスできるため、タブレット端末をそのままカバンに入れて、さっそく出発。荷物も少なくて、移動もラクラクだ。

時間も荷物も余裕で出発だ!

境界線 営業で外回りのため、準備をするものの・・・

プレゼンに必要な資料をノートパソコンに保存・・・その他にはなかったかな・・・一通り社内サーバのファイルを確認・・・。ノートパソコンも紙の資料も入れたら結構重たい・・・。

結局準備に30分もかかってしまった!

PM2:00取引先で新商品のプレゼン
A社営業マンはプレゼンも好調! 境界線 B社営業マンは切れのないプレゼンに・・・
さっそく社内サーバにアクセスして、
プレゼン開始。

余裕を持って到着できたので、落ち着いてプレゼンできた。移動中に資料の最終チェックをしたったで、スムーズに進められた。お客様から納期などの具体的な質問があったが、社内サーバにアクセスして照会でき、その場で返答、了承が得られた。

プレゼンがうまくいって商談成立!

境界線 ノートパソコンの起動に時間がかかり、お客様をお待たせしてしまう・・・。

プレゼン資料気後れする中でプレゼンも弱気な雰囲気。資料の最終チェックをする時間もなかったので、自信のない説明に・・・。お客様から納期の具体的な質問があり、会社の担当者に連絡をとろうとしたが、すぐには確認できず、改めて回答することに・・・。

商談をまとめることができず・・・

PM4:00外出先で休憩
A社営業マンは外出先でもメールチェックや見積作成も! 境界線 B社営業マンは社内サーバにアクセスできない・・・
カフェで休憩しながら作業。

お客様からの見積もりの問い合わせにも社内システムで見積書を作成して、すぐに上司に連絡して承認をもらい、完了。データが残らないので、セキュリティ上安心。このまま、もう一社まわれそうだ。

外出先でも時間を有効活用!

境界線 少しでも作業を行いたいが、できるのはメモでやることを確認することだけ・・・。

お客様の見積もりの問い合わせがあるが、セキュリティ上、社内システムにはアクセスできず、会社に戻らないと作成できない・・・。

会社に戻って作業しなければ・・・。

PM6:00外回り終了
A社営業マンは外出先から営業報告も済み直帰! 境界線 B社営業マンは会社に戻ってメールチェックや営業報告や見積作成や・・・
営業報告も社内システムに入力して報告。

休憩の後余裕でもう1社まわり、発注も社内システムにアクセスして完了。営業資料にいつでもアクセスできるので、家でも確認できて明日の営業の準備もできる。

会社に戻る必要もなく、余裕で直帰!

境界線 営業報告のために会社に戻らなくては・・・。

結局1社しかまわれなかった・・・。休憩の際に作成できなかった見積書の作成や、発注処理に、明日の営業資料の準備・・・何時までかかるやら。

できなかった作業が山積み・・・残業だ。

オフィスクラウドでよかった! この状況なんとかならない?

オフィスクラウドでよかった!!

この状況、なんとかならない?

ページTOPへ ワークスタイルTOPへ
シンクライアントってどんな仕組み? Thinclient(シンクライアント)は、『Thin(薄い)』+『client(パソコン等)』という、2つの単語を組み合わせた、「パソコンに依存しない」仕組みです。 今のパソコン環境にこんなイメージはないですか?・・・パソコンには悩みがいっぱい! ×一台一台バックアップしなければならない ×管理の対象がパソコン台数分だけ増えていく ×壊れたら買い替えなければならない ×パソコンメーカーの保証期限、マイクロソフトのサポートが切れたら買い替え ×OSやソフトのバージョンも、気づけばパソコンごとにバラバラ ×パソコンの管理をするために管理ソフトウェアを導入になければならない ×パソコンを持ち出さないと外出先で仕事ができないけど、セキュリティ上心配なので持ち出し禁止 シンクライアントはこんなイメージ!・・・悩みが解決!! インフィニティのオフィスクラウド(シンクライアントシステム)は・・・ ◎サーバーをバックアップすればOK ◎管理対象はサーバーだけ ◎サーバーなので耐久性が高く、パソコンが壊れにくくなる ◎パソコンの買い替えは不要 ◎デスクトップ環境はOSもアプリケーションも全社員統一 ◎サーバーの管理に専用ソフトウェアは不要 ◎セキュリティを強化して外出先からの利用も心配なし つまり・・・ 今までのパソコンの使い方は、一軒家・・・各個人で好きにソフトウェアインストールや設定変更ができるが、管理は個別に、台数分管理しなければならない シンクライアントは、ビジネスマンション・・・好き勝手な設定はできないが、管理が行き届いていて、全員がサービスを受けられる運用