オフィスクラウド役割別メリット:経営者の場合
経営幹部は迅速な判断を迫られる場面が多々あります。
そんな時、必要な情報にすぐアクセスできれば、経営判断がしやすくなります。

また、大きな悩みである『セキュリティ』をクリアできれば、
後顧の憂いなくビジネスを前進させることができます。

オフィスクラウドは、中小企業の経営者を強力にサポートします。
@迅速な情報へのアクセス
情報は欲しい時にアクセスできなければ意味がありません。
オフィスクラウドは、あなたが欲しい時、どこでも会社の情報に
アクセスできます。
迅速な情報へのアクセス_イメージ画像

オフィスクラウドなら・・・まるで会社にいるのと同じように、
最新の情報にアクセスでき、経営判断に役立てられます。

A強固な情報漏洩対策
パソコンを利用する限り、費用がかかり、管理に手間がかかります。
オフィスクラウドでは、パソコンにデータは残りません。
一括適用で情報漏洩対策を導入できます。
サーバに全てのデータがあり安心_イメージ画像

オフィスクラウドなら・・・
サーバ一元管理なので、費用も管理も中小企業に最適です!

BBCP(事業継続計画)として
災害や事故などの予期せぬ出来事が発生した場合でも、
企業は最低限の事業活動を継続していく必要があります。

オフィスクラウドでは、データをデータセンターに設置することで
BCP対策が可能になります。
サーバはデータセンタに設置_イメージ画像

オフィスクラウドなら・・・
限りなく通常業務に近いBCP対策が可能です!

C情報資産の保護
共有フォルダや基幹システムのバックアップで満足していませんか?

作りかけのデータやメールデータも会社の大切な情報資産です。
パソコンを利用する限り、定期的なバックアップは個々人に任せるか、
費用をかける必要があります。

データは全てバックアップ_イメージ画像

オフィスクラウドなら・・・データ一元管理なので
すべての資産情報を的確にバックアップできます!!

ページTOPへ 役割別メリットTOPへ
シンクライアントってどんな仕組み? Thinclient(シンクライアント)は、『Thin(薄い)』+『client(パソコン等)』という、2つの単語を組み合わせた、「パソコンに依存しない」仕組みです。 今のパソコン環境にこんなイメージはないですか?・・・パソコンには悩みがいっぱい! ×一台一台バックアップしなければならない ×管理の対象がパソコン台数分だけ増えていく ×壊れたら買い替えなければならない ×パソコンメーカーの保証期限、マイクロソフトのサポートが切れたら買い替え ×OSやソフトのバージョンも、気づけばパソコンごとにバラバラ ×パソコンの管理をするために管理ソフトウェアを導入になければならない ×パソコンを持ち出さないと外出先で仕事ができないけど、セキュリティ上心配なので持ち出し禁止 シンクライアントはこんなイメージ!・・・悩みが解決!! インフィニティのオフィスクラウド(シンクライアントシステム)は・・・ ◎サーバーをバックアップすればOK ◎管理対象はサーバーだけ ◎サーバーなので耐久性が高く、パソコンが壊れにくくなる ◎パソコンの買い替えは不要 ◎デスクトップ環境はOSもアプリケーションも全社員統一 ◎サーバーの管理に専用ソフトウェアは不要 ◎セキュリティを強化して外出先からの利用も心配なし つまり・・・ 今までのパソコンの使い方は、一軒家・・・各個人で好きにソフトウェアインストールや設定変更ができるが、管理は個別に、台数分管理しなければならない シンクライアントは、ビジネスマンション・・・好き勝手な設定はできないが、管理が行き届いていて、全員がサービスを受けられる運用